しもやけにはフットバス?ふともものしもやけは要注意!

2015-11-10b

冬場に向かってしもやけのシーズンがやってきました。
しもやけは、子供の頃、外遊びをして家に入ったら
手や足の指先が赤くなって腫れ上がり、
かゆくてかゆくてたまらないという経験をした人が大半だと思います。

赤くなった手指に息を吹きかけ、
こすったり、洗面器にお湯をはってそこにつけると自然と治ってしまう、
「病気」とはいえない「現象」と思われている人が大半ではないでしょうか?

<Sponsored Link>

しもやけはどうしてできるか?

2015-11-10c

ズバリ、寒さです。
身体が冷えることによって起こります。

しもやけは医学的にいうと「凍瘡(とうそう)」といい、
樽柿型といわれる手足が赤く腫れ上がるタイプと所々が赤くなり、
しこり、水ぶくれになる多形紅斑型といわれるタイプに分けられます。

しもやけの原因は気温と皮膚の表面の温度といわれています。
メカニズムとして、皮膚が冷たい空気にさらされると血管が収縮します。

血管には動脈と静脈がありますが、
寒さから逃れた時に動脈が静脈より早く広がるためと皮
膚組織に炎症を起こす物質が漏れ出しむくみや腫れを引き起こしてしまうといわれています。

重症になると、患部が赤紫色や赤黒くなって、
腫れ、ジンジンと痛みます。

もっと悪化すると水疱、
ただれ、びらんができてしまうケースもあります。
しもやけは女性に多く男性に少ない傾向にあります。

冷え性は万個の病気!?冷え性の改善方法は?

しもやけの悪化の条件

もともと、手が冷たいという体質や血行不良、
極端な締め付けた服装でしもやけは起こりやすくなります。
また、湿度も影響があります。
水や汗で濡れたままにしておくと、
気化熱で皮膚の表面温度が下がりしもやけを誘発する場合もありますので、水分の拭き取り着替え、身体を冷やさないようにしていくことが大切です。
しもやけができやすい、
手足の保温だけでなく、全身を冷やさないことも悪化させないことになります。

しもやけに隠された病気

しもやけに似た病気として、凍傷や全身性強皮症、
クリオグロブリン血症、甲状腺機能低下症と言われる病気があります。

凍傷といえば、登山家が遭難して
手足を失うといったニュースを耳にした方も多いと思います。

凍傷は身体の組織が凍結してしまい、重症の場合は
切断という外科的な手段を講じなければならないものですから、
しもやけとは別物と考えて良いと思います。

全身性強皮症、クリオグロブリン血症、
甲状腺機能低下症はいずれも血行に影響を与える病気で、
手足の冷たくなる症状が出ます。

しもやけが長く続く、
しもやけの対策をしてもいっこうに改善されない場合は
こうした病気を疑ってみる必要が。

医療機関で検査を受けることをおすすめします。
「しもやけなんて病気じゃない」と放っておかない方が良いです。
ちなみにこれらの病気も男性に比べ女性が多くかかる病気といわれています。

太腿にしもやけは出るか?

変わった事例として
ふとももにしもやけが出た」ということがあります。

ふとももは大きな筋肉の集まりで、
手足の先といった末端ではありませんので、
血行不良、冷えということで、しもやけが発生することは考えにくいと思います。

しもやけと同じような症状でも他の病気(皮脂欠乏性皮膚炎等)が
考えられますので皮膚科受診をおすすめします。

しもやけの対策

さて、しもやけの対策の対策です。
なんといっても身体を寒さから守るということ、
次に寒さに強い身体をつくるという2つから考えて見たいと思います。

夏場でもしもやけが出ると言う人がいます。
職場などで冷房の冷気が直接あたる場合などによって起こります。

直接あららない方法を考えましょう。
膝かけや厚めの靴下など衣類で防いだり、
ついたてなどを使って風向きを変える。

冬場は服装が第一です。
手袋、帽子、マフラーなど小物の工夫でおしゃれに。

また体幹をしっかりあたためるインナーも良いものを選びたいところです。

足湯(フットバス)の持つ効果

足湯はしもやけに絶大な効果を発揮します。
今では簡単な操作で足湯がいつでもできる「家電」が発売されています。

これですと手間が省け、家に帰ってすぐに足湯につかれ、癒やし効果も。
温泉成分を加えることで冷えを改善することもできますのでおすすめです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

最近ではお湯を使わない、スチームや温風を利用したものもあります。
これならお湯がこぼれて床が水浸しになることもありませんね。

遠赤外線天然木足温器の詳細はこちら

下半身を運動させる

次のしもやけ対策ですが、
しもやけを引き起こす血行不良を改善させるには運動が必要です。

階段の上り下りなど力強く下半身を動かしましょう。
そこで、おすすめなのは空手です。

空手の立ちかたの騎馬立ち、交叉立ち、
前屈、後屈で下半身を締める感覚を養うと、
ちょっとした隙間の時間で下半身の筋肉動かすことができ血行を改善させてくれます。

しもやけ対策でキレイな足も

2015-11-10a

空手の基本である、正座やそこからの立ち上がり、
立ち振る舞いはスラッとした美しい足を作ってくれます。

足にも一体の筋肉量もいっていないと美しく見ないもの。
ふとももはふくよかに、がりがりは魅力ありませんよね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ