食物繊維と筋トレは切っても切れないカンケイ♪

2015-06-18a

食物繊維筋トレというタイトルで何が浮かぶでしょう。
ピンときた方もいますよね。

実は食物繊維には筋トレに効果的な理由があるのです。
そもそも、食物繊維がなんであるかということを最初に説明しましょう。

<Sponsored Link>

筋トレにおける食物繊維の役割とは

2015-06-18b

食物繊維の役割は体脂肪対策ができることです。
有酸素運動と合わせて食物繊維を食べることで、
筋トレの効果もあがりやすくなっていきます。

食物繊維は何をするのだろう。
体脂肪の問題点は、摂れば摂るほど限度なく付いていってしまうことです。
摂取した糖類はが、どんどん体脂肪に変わっていきます。

食物繊維をとっていると、体脂肪が、つきにくくなるのです。

食物繊維は満腹にもなります。
食物繊維は低カロリーで満腹になります。
カロリーが低いので多めに食べてもかまいません。

皆さん、満腹中枢というのを、ご存じですか?
物を食べて満腹になると満腹中枢が「もう、お腹がいっぱいになりましたよ」
と知らせてくれるのです。

ですから、筋トレをしているとお腹が好きます。
その対策に食物繊維が役に立ってくれるわけです。

食物繊維の多い食物

昔は体に必要とされるものだと思われていなかったようなのですが、
今では第六の栄養素、などと重要視さされてきています。

食物繊維は水溶性食物繊維不溶性食物繊維の2種類に大きく分けられます。
食物繊維は、豆、穀類、野菜、きのこ、海藻などに多く含まれています。

ここで、食物繊維総量の多い食品ベスト30を挙げてみたいと思います。

ゆでいんげん豆、ゆであずき、ゆでひよこ豆、おから、エシャロット、シソの実、
ちゅうごくぐり、よもぎ、ゆでえんどう豆、ゆでベニバナいんげん、しそ、
とんぶり、ゆでだいず、ゆずの果皮、パセリ、

こしあん、こんぶつくだ煮、つくし、納豆、にほんぐり、
豆みそ、麦みそ、ごぼう、ゆりね、

グリーンピース、モロヘイヤ、うずら豆、ひきわり納豆、
にんにく、あしたば(生)、米味噌、麦味噌、

アボガド、きくらげ(乾)、煎茶の茶葉、とうがらし、
ひじき(乾)、干しシイタケ(乾)、あおのり。

以上です。好き嫌いもあるでしょうから、沢山挙げてみました。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

食事から摂取するのが一番ですが、
たくさん食べなければいけなかったり
組み合わせなど考えると十分に摂取することは難しいです。
不足分はサプリなどで補いましょう。

食物繊維サプリのお求めはこちら

筋トレとはなんでしょう

もちろん「筋肉トレーニング」の略ですね。
筋力の強化を目的としたトレーニングです。

骨格筋に負荷をかけて出力・持久力や筋肉の肥大を目的にしたものです。

では、負荷とはなんでしょう。
例えば腕立て伏せを20回やって簡単にでるのなら、
これは負荷ではありません。

さらに足を置く位置を高くしたり背中に重りを背負ったりして負荷を強くします。
このようにできる回数に少し多めの負荷をかけてやることが筋トレの基本です。

骨格筋とは
筋肉には大きく分けて、内臓を作る「平滑筋」と
心臓をつくる「心筋」よく心筋梗塞とか聞きますよね。

そして体を動かさすための「骨格筋」の3種類から成り立っています。

そのうち、骨格筋は全体の約40パーセントを占めています。
骨格筋は、運動などで唯一鍛えて増やすことのできる筋肉なんですよ。
そこで、筋トレという言葉が結びつきましたね。

筋トレは毎日してはいけないの?

2015-06-18c

筋トレによって、筋肉の筋繊維に大きな負荷がかかります。
そして、ダメージを受けた筋肉は筋力が低下します。

そして筋肉は元の状態に戻そうとし、
次に同じような負荷が来ても耐えられるように筋力をアップします。

だから、元に戻そうとしている状態の時に筋トレをやってしまうと、
起き上がろうとしている子どもの頭を押しつけるようなものなのです。

だから、筋トレは2~3日の感覚を開けてするのが筋肥大には
一番効果的という理論が成り立つわけです。

筋肉が回復しても、前と同じ状態では、
またすぐ筋肉が耐えられずにボロボロになってしまいます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ