ストレスが太る、痩せるのを左右するって本当?

2015-06-20a

あなたはストレス太りという言葉をご存知でしょうか。
このストレス太りという言葉があるように、
ストレスは体に大きな影響を与えるのです。

その結果として、太ったり、痩せたりと体に変化が見られます。
このようにストレスは体にとって毒になるのです。

したがって、ストレスはできるかぎり溜めない方が良いのです。
そこで今回は、体に影響を与えるストレスによって、
太る痩せる仕組みについて、ご説明していきます。

<Sponsored Link>

ストレス太り、ストレス痩せの仕組み

2015-06-20b

ストレス太りはストレスを解消させるために、
脳の働きによって食事量が増えることで起こります。

ストレスが原因で太るだけではなく、痩せることもあります。
このストレス太りは男性よりも女性の方が多く見られるそうです。

それではこのストレス太りについて、具体的にご説明していきます。
ストレスを脳が感知すると、ストレスのある危険な状態を解消させるために、
脳がそれに必要な栄養素を欲するのです。

特に甘味や脂ものを求めます。
これら二つは食べ過ぎると、太りますよね。
しかしながら、ストレスを解消するためには必要となってくるのです。

脳が求める栄養素は、活動するための
エネルギー源であるブドウ糖や情報伝達に必要なコレステロール
そしてセロトニンを生成し、ストレス状態を正常にするために必要な
必須アミノ酸であるトリプトファンなどがあります。

これらの栄養素を脳が求めるほど、
食事量も増えていきますので、太ってしまいます。

また、前述したように、ストレス太りだけではなく、ストレス痩せもあります。
ストレスによって自律神経が乱れてしまい、それが交感神経に影響を与えます。

この交感神経の働きによって、食欲が落ちてしまうのです。
そして、食事量も減っていくので、ストレスが原因で痩せていくことになります。

このストレスによる太るか、痩せるかはケースバイケースだと思うので、
対応には注意が必要です。

ストレス太り、痩せにならないように

ずばりストレスを溜めないことです。
それができたら問題ないのですが、結論を言うと難しい話ですよね。

ストレス解消の手段は趣味に没頭するなど、個人によって異なってきますが、
自分に合う方法を見つけることが一番だと思います。

ただし、そのストレス解消の手段に食事を選ぶと、
確実に太ってしまうので、それは避けるべきですね。

また、ダイエットでは特に注意が必要です。
ダイエットは食べたい物が食べられない、というストレスが発生します。

このストレスは先ほどご説明したように、
脳がストレス解消のために多くの栄養素を取り込もうとするのです。

それゆえに食欲が増加し、食事量も増えていきますよね。
したがって、ダイエットするつもりが、
ストレスが原因で太ってしまったという結果になりかねないのです。

このようにダイエットでのストレスは結果的に悪循環を引き起こしますので、
ストレスの少ないダイエットをする必要がありますね。


参照:楽天市場

食事制限をすることは意外と難しいです。
空腹でストレスを感じることもありますし、
付き合いでなかなかダイエットできない場合もありますよね。
サプリなどを取り入れて少しずつ気を使うようにすれば
ストレスを感じることなく自然とダイエット思考に変わるかもしれませんね。

大人のカロリミットのお求めはこちら

おわりに

2015-06-20c

今回はストレス太り、ストレス痩せについて、
ご説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ストレス自体を自分でコントロールすることは難しいので、
やはり溜めないことが大切だと思います。

もしストレスを溜めてしまった場合は、
ストレスが原因で太ったり、痩せることがあるということに注意してくださいね。

あなたはこのストレスによる体への影響について、ご存知でしたか。
これは私自身、ストレス太りという言葉を知っていても、
どうして太ることになるのか、全然知りませんでした。

脳の働きによって、食事量が増えてしまうので、
太らないためには食事量を意識して抑えないといけないですね。

どれだけ食欲を我慢できるか、忍耐強さも試されるかもしれません。
しかしながら、我慢し続けていることもストレスの原因になってしまうので、
適度に我慢し、太らないために適度な運動もすると、良い結果になるかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ