低気圧で炎症が起きる?そのメカニズムとは?

2015-07-07a

ジトジトと蒸し暑い日が続く梅雨の時期は要注意!?
低気圧によって古傷が痛む理由と
そのメカニズムについて徹底的に解説します!

低気圧で古傷や炎症した箇所が痛むのには理由があった!?
どんよりとしたお天気の時は古傷や炎症の痛みを解消するための方法を実践しよう!

低気圧で古傷や炎症箇所が痛む理由に関する幾つかの説を紹介!

<Sponsored Link>

低気圧に関する豆知識

2015-07-07b

私たちは毎日のように天気予報をチェックしながら生活を送っていますが、
天気予報の中で低気圧という言葉を
一度は耳にした事がある人は多いかと思います。

低気圧が発生すると古傷が疼いたり
炎症の箇所が痛むというような話を聞くことがありますが、
低気圧というのは基本的には周囲よりも気圧が低いエリアのことです。

通常、海面の水蒸気が蒸発したり地上の熱によって
水蒸気が上昇すると上昇気流が発生します。

この上昇気流が発生すると空気の重みは少しだけ軽くなり、
その周囲の気圧は低くなります。

この気圧が低くなったエリアを低気圧と呼びますが、
低気圧が発生したエリアの周りは必然的に気圧が高くなる為、
低気圧は高気圧に囲まれる形となります。

一般的に低気圧が発生すると
周囲との気圧差によって中心に向かう空気が集まり、
上昇気流が発生して雲が出来やすい状態となります。

ここで発生した雲は雨を降らせる雨雲となるため、
低気圧が発生するとそのエリアは雨が降りやすくなるというわけです。

また、低気圧は雨を降らせるだけでなく、
私たち人間の身体にもさまざまな影響を与えます。

たとえば気圧の低い日に古傷が疼いたり
炎症が痛むといった症状が現れる人も居れば、
頭痛や肩こりが酷くなったり体調が悪化するなどの症状を訴える人も居ます。

これは低気圧によって体に掛かっていた空気の圧力が低下するため、
その影響で通常時よりも身体がむくんで膨張するからだと考えられています。

低気圧で古傷や炎症が痛むのは何故?

じっとりと蒸し暑い梅雨の時期が訪れると古傷や炎症が痛んだり、
頭痛や肩こりが酷くなると感じる人は意外にも多く居ます。

これは雨雲を発生させる直接の原因となっている
低気圧が関係していると考えられていますが、
実際にそのメカニズムについて詳しく知る人はそれほど多くは無いのが現状です。

梅雨と言えば昔から低気圧が停滞し、
特定のエリアで長期間に渡って雨が続く時期として知られていますが、
気圧の低い状態が長期間に渡って続くと
人間の身体はさまざまな影響を受けるようになります。

たとえば低気圧が停滞したエリアに住んでいると、
周りの気圧が通常時よりも低い状態となる為、
身体に掛かる空気の圧力も必然的に低下します。

その結果、血管が膨張して
血流リンパ液の流れが生み出す体内圧力も低下して、
平時よりも血液の流れが悪くなるといった現象が起こります。

また、低気圧の中で生活を送っていると
身体に掛かる空気の圧力が低下する事によって、
体内で炎症物質として知られるヒスタミンが発生します。

その結果、身体の古傷や炎症を起こした箇所が
痛むといった症状が現れるようになります。

さらに低気圧の影響で身体に掛かる空気の圧力が低下すると、
体内の水分を循環させている圧力も低下するので、
身体がむくみ易くなって体内の水分が停滞します。

その結果、水分によって膨張した組織が
神経系を圧迫して痛みを発生させてしまうのです。

低気圧で古傷や炎症が痛む際の対処法

2015-07-07c

低気圧によって古傷や炎症が痛むと非常に辛く感じますが、
簡単な対処法としては有酸素運動のような軽い運動を行う事が挙げられます。

ウォーキングやジョギング、自転車による走行といった有酸素運動を行うと
血液やリンパの循環がスムーズになり、
痛みの原因となっている水分を排出して神経の圧迫を軽減する事が出来ます。


参照:楽天市場

また、ゆっくりとお風呂に浸かってリラックスした時間を過ごすことによって
血行を良くするという方法も有効です。
たまには入浴剤などを入れてリラックスできる空間を作りましょう。
アロマ入浴剤のお求めはこちら

また、ジメジメとした梅雨の時期は低気圧による影響を受けやすいので、
日常的に軽いストレッチを行って筋肉を伸ばし、
体内の水分循環をスムーズにする努力を行うことで
古傷の痛みや炎症の痛みを軽減することが可能となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ