低気圧が蕁麻疹を引き起こす?自律神経が関係していた!

2015-08-01a

梅雨の時期は本当に憂鬱ですよね。
雨が続くと、なんだかやる気が出ないという場合も少なくありません。

またやる気が出ないだけではなく、
体にも何か不調が出てきてしまうということもあるかもしれません。

中には蕁麻疹が出てくる、なんて場合もあります
ではどうして低気圧の時に体に不調が出てきてしまうのでしょうか?

<Sponsored Link>

低気圧とはどういう状態?

2015-08-01b

天気予報で低気圧という言葉はよく耳にすると思いますが、
どういう状態なのか知っていますか?

低気圧という状態は、
気圧がどれくらいだったら低気圧と決めるものではありません。

天気図などでよく目にするのが、気圧を線に表しているもの。
これは同じ気圧の部分を線でつなぐ等圧線というものです。

そもそも気圧というのは、水圧同様に大気の圧力をさしています。
大気が地面にどれくらいの圧力をかけているかを表しているのです。

これが周りの気圧より高い時を
高気圧、低い時を低気圧と呼んでいるのです。

低気圧は周りより気圧が低く、
その中心に空気が集まるのでそこに上昇気流が出来ます。
この上昇気流によって低気圧部分には雲が出来やすく、
雨が降りやすい状態が出来るのです。

低気圧が人にもたらすものとは?

低気圧になると、体調が優れない。
そう感じるのはどうしてなのでしょうか?

人の体はに対して、敏感です。
わかりやすいところでいうと、山登りなどをして高いところに行ったとき
耳鳴りなど体に変化がありますよね?
これも圧による影響なのです。

つまり、同じ場所にいたとしても気圧が急に低くなければ
体に変化が出てしまうのはしょうがないことなのです。

では低気圧になることによって体にどんな影響をもたらすのでしょうか?
それは自律神経への影響です。

自律神経とは、私たち人間が生きていく上で欠かせないものです。
手や足、首は自分の思った通りに動かすことができますが、
心臓や血流は自分の意思でコントロールすることはできません。

この自分の体だけれども
自分の意志で動かせない部分をコントロールしているのが自律神経なのです。

自律神経は、活動している時に活発になる交感神経
睡眠や休息している時に活発になる副交感神経の二つからなっており、
交感神経と副交感神経がバランスよく動いていることで
人間は健康状態を保つことが出来るのです。

そんな大切な器官である自律神経は、
低気圧によって影響を受けバランスを崩してしまうのです。

今のところの研究では、気圧の変化に対応しようと
自律神経が働くことでバランスを崩してしまうといわれているのです。

自律神経の乱れは蕁麻疹も引き起こす!?

自律神経の乱れによって引き起こされる体調不良は、
頭痛倦怠感関節痛肩こりなどが挙げられます。

ただしこういった症状はそう悪くない限りは我慢してしまいがちです。
ですが、梅雨の時期皮膚科で増えるのが、低気圧による蕁麻疹です。

蕁麻疹は出る場所にもよりますが、
正直見過ごすことが出来ない症状ですよね。

低気圧になると体がリラックスしている状態の副交感神経が優位となります。
副交感神経が優位となると、体内のリンパ球が増え
リンパ球に対して過剰に反応してしまうことによって蕁麻疹が出てしまうのです。

自律神経を乱れさせないためには?

頭痛や倦怠感ぐらいならなんとか我慢できますが、
顔に蕁麻疹が出来てしまった日には日常生活にも支障が出てきてしまいます。

そうならないためにも、
自律神経を乱れさせないための対処法を知っておく必要があります。

食生活
食生活の中でも自律神経を整える食べ物があります。
食物繊維が多い食べ物や酸味や
辛みが強いものは副交感神経を優位にさせ、自律神経を整えるのに役立ちます。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また体を温める水分を摂るということも重要です。
生姜湯や紅茶、ウーロン茶など体を温める飲み物は自律神経を整えてくれるのです。

生姜湯のお求めはこちら

入浴
入浴方法によっても自律神経を整えることが出来ます。
お風呂の温度は38~40℃、入る時間は体が温まるぐらい、
夕食1時間後ぐらいに入るというのがベストです。

湯船が熱すぎても、のぼせるまで入浴しても、
自律神経には逆効果になってしまう可能性があるので、
入浴方法には注意しましょう。

マッサージ
入浴後など体がリラックスしている時間にマッサージをすることも
自律神経を整えるためには大切なことです。

マッサージをして筋肉がほぐれることで、
副交感神経が働いて体がリラックスします。

マッサージだけではなく、ストレッチも効果的ですよ。

まとめ

2015-08-01c

低気圧の際に体調が優れなくなるのは、
自律神経が乱れることによって引き起こされるものです。

ただ、普段から自律神経を整えるような生活を行っていれば
低気圧による自律神経の乱れの影響も少なくなるからこそ、
普段から自律神経を整えることを意識しておきたいものです。

上記に紹介したものだけではなく、
規則正しい生活を心がけることが自律神経のためにはとても大切なこと。

早寝早起き、3食きちんと食べる、
適度な運動をするなど基本的なことを心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ