低気圧が痙攣を引き起こすって本当?

2015-06-27a

あなたは雨の日に体の不調を感じたことはないでしょうか。
雨の日というより、低気圧の日は晴れの日に比べて、
体に不調をきたすことがあります。

その不調の中の一つに、痙攣の症状があります。
この痙攣の症状には、自律神経が深く関わっています。

そこで今回は低気圧と痙攣症状の関係について、
自律神経との関わりを含めながら、ご説明していきたいと思います。

<Sponsored Link>

低気圧と自律神経の関係

2015-06-27b

痙攣の症状をあなたはご存知でしょうか。
あなたは普段意識をして体を動かしていますよね。

これを随意運動というのですが、痙攣を発症してしまうと、
体が無意識に動き、自分自身でコントロールできなくなるのです。
これは体にとっても、異常ですよね。

この痙攣の症状が現れる要因には、低気圧がとても関係しています。
正確には、低気圧ではなく、気圧の変化に影響されて発症するのですが、
全身をコントロールする機能を持っている自律神経が乱れることで痙攣が起きるのです。

この気圧の変化には痙攣の他にも、
頭痛などのさまざま病気の発症することもあります。

また、この低気圧では、酸素も薄くなりますので、体に影響します。
それによって、病気にもなることがあります。

自律神経のバランスが体に影響

この自律神経は交感神経副交感神経の二つから成り立っています。
交感神経はストレスなどで心身が危険な状態のとき、
心身を元気にさせるために働いています。

また、副交感神経は疲労した心身を休めるために働いています。
これらはいつもバランス良く働いており、
それが悪くなると、体に異常を感じ、不調をきたすようになります。

それが自律神経失調症という症状なのです。
痙攣はこの自律神経失調症に含まれます。

気圧が下がってしまうと、副交感神経が優位に働きます。
逆に高気圧だと交感神経が優位に働くのですが、
片方の神経が優位に働くとなると、安定していたバランスが崩れてしまいますね。

したがって、このバランスが崩れたことによって、体に不調をきたすことになり、
自律神経失調症の一つである痙攣が発症することになるのです。

自律神経失調症の対策

これまでご説明してきたように、
痙攣、自律神経失調症を発症させないためには、
交感神経と副交感神経のバランスを安定した状態に保つ必要があることが分かりますよね。

しかしながら、これはとても難しいことなのです。
その理由として、ストレスの存在があります。

現代社会では、非常にストレスが多く、
それを完全に排除することが難しいのです。

このストレスが自律神経の乱れる原因となるので、
低気圧の日に自律神経が正常に働くことのできない場合があります。

そうすると、自律神経失調症を発症しやすくなるのです。
したがって、低気圧の日に痙攣を発症させないためには、
ストレスを溜めないことが大事になってきます。

それではストレスを溜めないためには、どのように行動すると良いのでしょうか。
それはストレスを発散させるための機会を多く作ることです。

ただし、一番良いと思うのは、
その日のストレスはその日のうちに解消することなのですが、
これは結構難しいことでしょう。

したがって、日常生活では極力ストレスを溜めることなく、
自分のペースでストレスを発散させてみてはいかがでしょうか。


参照:楽天市場

一人でリラックスできる空間としてお風呂が考えられます。
ささっと洗って終わりではなく、入浴剤などを入れて
ゆっくり湯船に浸かるだけでもリラックス効果がありますので
ストレスを癒せる時間になるかもしれません。
入浴剤のお求めはこちら

自律神経の異常を改善することができるでしょう。

おわりに

2015-06-27c

今回は低気圧痙攣の関係性について、
ご説明してきましたがいかがでしたでしょうか。

低気圧だけではなく、気圧の変化すること自体が体には悪いのです。
この体調が悪くなるのは、自律神経が関係しているのです。

普段の生活では、この自律神経を意識することはないと思いますが、
目には見えないところでバランス良く働いているのです。

このバランスが悪くなると、
痙攣を含む自律神経失調症を発症しやすくなるのですね。

また、ストレスが自律神経に与える影響についてもご説明しましたが、
このようにストレスは心身にとても負担をかけてしまうのです。

このストレスが起こす弊害にも気をつけながら、
規則正しい生活を送り、ストレスの少ない生活を送って下さいね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ