低温やけどの症状は初期のうちに!コールドスプレーでも低音やけどしちゃうって本当?

Thoughtful Young Man

低温やけど。冬場に聞かれる言葉ですね。
やけどといれば、熱いものに触ったときにできるケガの一種。
やけどと言えば高温でできることですが、低温。

低温なのにやけどとは?
低温やけどとは、40℃〜50℃と触っても飛び上がるような熱さではなく、
すぐにやけどになるわけではないのですが、
長時間にわたり接しているとやけどを生じてしまうもののことです。

44℃で6時間、50℃で3分で低温やけどは発生するという報告があります。

<Sponsored Link>

お年寄りや子供に注意を

2016-02-18b

低温やけどが起こる状況は、
カイロ、湯たんぽ、こたつ、電気毛布、温風の噴き出し口等で長時間暖を取っているようなときです。

できるところは、主に足です。
足は感覚が他より鈍いことや、冷え性などで冷えを感じやすく、湯たんぽを当てたくなる場所です。

特に踵やくるぶし、脛に多く発生しやすくなっています。
また感覚が衰えてくる高齢者や麻痺のある病気を持っている方、
脳卒中、動脈硬化症、糖尿病等による神経障害、脊柱管狭窄症等の方は注意が必要です。

また、幼児や自分で湯たんぽを蹴りだす力のない人、
肢体不自由の方にはこまめな点検や体位交換が必要です。

低温やけどは重症が多い?

「低温やけどは通常のやけどより、症状は深刻である」。
という報告があります。

やけどの治療はその傷害の大きさで1度から3度までに区別されています。
1度
一番軽いやけどで、
水ぶくれはできず、肌が赤くなり、1週間前後で治ります。

日焼けなどの軽いいたみがあるものがこれです。
やけど跡は残りません。

2度
痛みが強くなり、水ぶくれが生じます。
医療機関にかかる必要があります。
また、水ぶくれが化膿しないようにしなくてはなりません。
やけど跡が残ってします場合もあります。

3度
かなり重症です。
神経にもダメージがある場合は痛みを感じません。
皮膚の組織が壊死をおこしている状態で、
治療には長期間かかり、やけどの跡が残ってしまいます。
低温やけどはこの分類では、2度から3度になるものが多いのでそのように言われています。

初期症状で軽いと判断しない

低温やけどの初期症状がわかりにくい場合があります。
まず、「アッ熱い」といった自覚がない。
徐々に傷害していく低温やけどは、
表面の皮膚だけがヒリヒリする程度の症状しかでない時もありますが、
奥までやけどをおっていることも少なくありません。

早いうちにしっかり流水で冷やすことが必要です。
また表面が冷却されたと安心せず、低温やけどの場合は奥までしっかり冷却してください。

コールドスプレーでやけど?

コールドスプレーを使用して、低温やけどをおったという報告があります。
コールドスプレーといえば、
様々なスポーツシーンで登場し、シューと噴射しているところをよく見るあれですね。

コールドスプレーまたは冷却スプレーといわれるもので、
打撲や捻挫の応急処置で使われるものです。

その役割は名前そのもので「患部を冷やす」ことです。
「冷やすものので、やけど」ちょっと腑に落ちませんね。
それは次のようなメカニズムです。

コールドスプレーで表面も熱を奪うと炎症等でおこった深部の熱がこもってしまい
そこで低温やけどをおこすというものです。

これはコールドスプレーを一点に集中して当てたり、
患部に近づけ過ぎて噴射するといった誤った使用法によるもので、正しい使用法では発生しません。

同じように、誤った使用方法でコールドスプレーによる凍傷も増えています。

用途が広がるコールドスプレー

コールドスプレーはあくまでも応急処置です。
本来ならしっかりアイシングをすべきところ、
急に発生した捻挫、打撲等にスプレーで場をしのぐものです。

その際も、肌に直接でなくユニホームなどの着衣の上や
ぬらした包帯タオルの上からより有効があります。

現在、コールドスフレ—または冷却スプレーとちょっと検索しただけでも、42種も出てきました。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

医薬品メーカー、化粧品メーカー、洗剤メーカー等が販売していますが、
用途も医療用のものから火照った身体を冷ます、寝具や車の中冷却、
満員電車に乗る前に汗や匂いを抑えるということで、
メンソール入りや消臭剤入り、抗菌作用等様々なものが出ています。
いずれにしても説明書をよく読み使用法を誤らないようにしましょう。

コールドスプレーのお探しはこちら

関連記事
汗臭いのは食生活が悪いせい?臭いと食の関係性とは?

やけど治療は正しく

なお、やけども擦り傷も凍傷も同じと考えていいでしょう。
素人判断をせず、医療機関での診断を元に正しく行うことをおすすめします。
特に低温やけどは見た目より重篤な場合が多いのと
初期の手当を間違うと治療に長期間かかることがあります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ