糖尿病の原因とは?甘いものとの関わりを理解しよう!

2015-07-11a

現代人にとって無関係ではない糖尿病について知ろう!
甘いものを食べ過ぎていると糖尿病を発症してしまうって本当!?

甘い物との関連性や糖尿病に陥ってしまう理由について徹底解説!

原因やメカニズムについても詳しく紹介します!
糖尿病の症状や陥ってしまった場合の対応策とは!?

糖尿病になりにくい生活習慣を心掛けよう!

<Sponsored Link>

糖尿病とは

2015-07-11b

近年では日本国内でも生活習慣や食生活が欧米化した為に
さまざまな生活習慣病を発症する人が増えてきています。

生活習慣病には実にさまざまな種類がありますが、
いずれも文字通り生活習慣が起因となって発症する病気なので、
逆を言えば規則正しい生活習慣や
栄養バランスの良い食生活を心掛けていれば
病気に陥るリスクは低くなります。

しかし、どんなに気をつけていても
食生活が原因で起こる糖尿病のリスクは誰にでも潜んでいると言えます。

さまざまな生活習慣病の中でも特に発病する人が多い糖尿病は、
血糖値が病的に高い状態が続く病気として知られています。

一口に糖尿病といってもその症状は人によって異なり、
無症状の人も居れば顕著な喉の渇きを訴える人が居たり、
大量の尿を排泄する人や意識障害を示す人、
昏睡状態へと陥ってしまう人などさまざまです。

人間は通常、食べ物を体内に取り込むことで栄養を吸収して
血液を介して身体の各器官へのエネルギー供給を行います。

血液中に取り込まれた栄養素はブドウ糖に変換されるので、
食事をした直後は血液中のブドウ糖濃度が高い状態となります。

血液中のブドウ糖濃度は体内で分泌される
さまざまなホルモン物質の働きによって常に一定の濃度に調節されています。

しかし、このホルモン物質による調節機能が何らかの原因で破綻すると
血液中のブドウ糖濃度が異常に高くなり、
糖尿病と呼ばれる状態に陥ってしまうのです。

糖尿病の原因と甘い物の関連性

人が糖尿病を発症する原因には幾つか考えられますが、
多くの人は甘い物の食べ過ぎが原因で
糖尿病が起こると考えている現状があります。

しかし、結論から言えば人が糖尿病を発症するのは
甘い物を食べ過ぎるからではなく、
血糖値を下げる働きを担うホルモンが正常な働きをしなくなるから引き起こされるのです。

極端な話をすれば甘い物だけでなく
カロリーのある食品を体内に摂取すれば何を食べたとしても血糖値は上がります。

人間の身体は食べた物を胃腸で消化吸収し、
栄養素をブドウ糖に変換して血液中に取り込みます。

この血液中に溶け込んだブドウ糖の濃度は
インシュリンと呼ばれるホルモンの働きによって
一定の範囲内に留められるように調節されます。

しかし、このインシュリンの働きが何らかの原因で上手くいかなくなると
血液中のブドウ糖濃度、血糖値が異常に高くなり、糖尿病を発症してしまいます。

ひとたび糖尿病を発症すると
インシュリンの働きを促進して血糖値を下げる為に
インシュリン注射などを継続的に行う必要があります。

もちろん、糖尿病が軽度であれば
インシュリン注射をせずに生活を送る事も可能ですが、
適度な運動を続けたり食事を制限する等の措置は必要となります。

また、糖尿病の人は血糖値が上がりやすい
甘い物の摂取は意識的に避けた方が無難です。


参照:楽天市場

中には、このように糖尿病の人でも安心して食べらるケーキもありますので
まったく甘いものが食べられないというストレスを抱える心配はありません。
糖質オフショコラケーキの詳細はこちら

糖尿病を予防する為に必要は事とは

2015-07-11c

糖尿病になる原因についてはまだ正確に解明されたわけではありませんが、
甘いものの摂りすぎというわけではなく、
基本的には不規則な生活習慣や食生活の乱れによって引き起こされると考えられています。

そのため、糖尿病に陥らない為の予防策としては
規則正しい生活習慣と栄養バランスの取れた食生活を心がけ、
適度な運動を続けることが糖尿病を予防する有効策と考えられます。

また、糖尿病を発症しないためには
食欲増進効果のあるアルコール飲料の摂取を控え、
飲んだとしても適量に留めておくことが大切です。

また、人間の体内で分泌されるさまざまなホルモンは
睡眠中にもっとも活発に分泌されます。

当然、体内の血糖値を調節しているインシュリンも
寝ている間に分泌される為、睡眠不足にならないようにしっかりと
日々の睡眠を取ることも糖尿病を予防する有効な対策となります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ