薄毛につながるフケの原因とは?フケを改善する方法は?

3_1

多くの人が悩んでいる頭皮の悩み、中でも最も多い悩みがフケと頭皮のかゆみです。

毎日シャンプーをしているけどフケと頭皮のかゆみが治まらない・・・フケの多い人は不潔な印象で捉えられることが多いです。

このフケやかゆみをそのままにしておくと薄毛や抜け毛の原因となることもあるのです。

ここでは薄毛につながるフケの原因や改善方法について紹介していきます!

<Sponsored Link>

薄毛につながるフケとは?

悩む2-630x380

薄毛の原因になってしまうフケは、漢字で「頭垢」または「雲脂」と書くように頭皮から出る垢の一種なのです。身体から出る垢は埃や皮膚からの分泌物の影響で灰色から黒っぽい色合いになっているのですが、フケの場合は埃が髪の毛に遮られるため白っぽくなるのです。

多くのフケは頭皮の常在細菌によって分解されてしまうので健康で清潔な頭皮を維持している限りそんなに気にならないものなのです。

フケの原因は?

フケを含む身体から出る垢は、新陳代謝による細胞の新生で不要になった皮膚の角質細胞が剥がれ落ちたものなのです。結論から言えば、人間が生きていることが垢やフケの原因となっているのです。

したがって、根本的なフケの解消法は無いということが事実なのです。ですが、フケを抑えるための方法としては習慣的な入浴と洗髪が大切になってきます。

フケの性質

フケの元と言える頭皮の角質細胞は、毛穴から分泌されている皮脂によって保護されています。しかしながら、この皮脂がフケの性質に大きく関わってくるのです。

脂性フケ

頭皮の毛穴から皮脂が過剰に分泌されると発生するのが脂性フケです。脂性フケは多量の皮脂によって毛穴を詰まらせてしまい、薄毛抜け毛の原因にもなってしまうのです。また、脂性フケが分解されて脂肪酸になると脂漏性皮膚炎を引き起こすこともあります。

乾性フケ

乾性フケは脂性フケとは違って、皮脂の分泌量が減少することで発生します。特徴としては名前の通り、乾燥してサラサラの粉末状になっています。乾性フケの場合は、頭皮が何らかのダメージを受けていることが多く、アトピー性皮膚炎などでも発生するのです。乾性フケは、頭皮にかゆみを引き起こすことが多く、あまりに強く掻きすぎると頭皮に傷が付いてしまい乾性フケを悪化させてしまうこともよくあります。

フケは増大する?

フケは健康的に生活していればそれほど気になる量は出ません。がしかし、ある条件においてはフケの量が増えてしまうことがあるのです。フケの増大に関係してくるのが、洗髪カビです。人間の皮膚は本来弱酸性に保たれていて、一種の免疫機構として機能しています。

しかしながら、シャンプーの使いすぎ1日に3~4回以上というように過剰な洗髪を行うことによって、頭皮の弱酸性が洗浄剤によって中和されてしまうのです。よって、頭皮に付いたカビが増えやすい環境ができてしまい、本来ならば常在細菌が処理するはずのフケも残って量が増大してしまうのです。

薄毛につながるフケの改善方法とは?

20141121-00002571-skincare-000-1-view

薄毛の原因となるフケに悩まされている人の場合、洗髪のやり方を見直すことで大幅にフケの状況を改善することができます。

まず大事なことは「シャンプーの見直し」です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

こちらのような弱酸性シャンプー、
または無添加石鹸のシャンプーに変えるだけでも大きな違い感じることができます。
そして、「頭皮に負担をかけないように髪を洗う」ということです。

例えば、爪を立ててゴシゴシと洗ってしまうと頭皮が傷ついてしまいます。

コラージュフルフルネクストシャンプーの詳細はこちら

シャンプーをつける前に一度お湯だけで洗うとシャンプーの量が少なくて済みます。洗い流すときはたくさんのお湯でかゆみの原因となるシャンプー液や泡が残らないようにしっかりと洗い流すようにしましょう。これらのことに気を付けるだけでも大幅にフケの状況の改善に繋がるのです。

まとめ

最後になりますが、過剰なフケは薄毛への第一歩といわれています。薄毛の原因になってしまうフケはちょっとしたことで改善することができるので、ぜひここで紹介したことを試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ