薄毛は昼寝で予防できるってホント!?薄毛と睡眠の関係性は?

Tabizine_2018_7

薄毛と昼寝・・・一見なんの関係もないように思えるのですが、実は薄毛は昼寝をすることで予防できるのです。

昼寝をすることで、夜の睡眠を深い眠りにすることができるようです。

薄毛と昼寝、つまり睡眠はとても深い関係がありそうですね。

ここでは薄毛と昼寝の関係性と薄毛と睡眠の関係性について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

薄毛には昼寝が効果的ってホント!?

79e5bc4a03f976ae3d2b97b1391f2801_m

夜、薄毛を防ぐために深い眠りをするためには昼寝はよくないというイメージがあるのですが、そんなことはなく、薄毛には昼寝が効果的なようです。私たちは昼間の14時ぐらいに眠くなるというのは珍しいことではないのですが、これは本来人間の持つ睡眠リズムとして正常だと言えるです。

仕事中や授業中だと昼寝はできないことも多いのですが、なるべくこのタイミングで睡眠をとっておくと良いと言われています。14時ぐらいに睡眠をとると睡眠不足を解消することができ、薄毛を防いで育毛に役立つ深い睡眠に結びつけることができるのです。

昼寝に最も適していると言われているのが昼食後の15時までで、それ以降の時間帯は夜の快眠に悪い影響を与えてしまうので気をつけましょう。薄毛を防ぐためにも昼寝の時間は、15~30分ぐらいがベストだと言われています。30分を超えてしまうと眠りが深くなってしまい、起きた後の脳の働きが悪くなってしまうのです。


参照:楽天市場

そして、昼寝をする前にカフェインを摂ると、寝覚めがよくなるのでおススメです。カフェインは摂ってから30分以上経たないと覚醒作用があらわれないので、昼寝をする前に一杯コーヒーを飲んでおくことが重要なポイントです。

ドリップコーヒーのお求めはこちら

昼寝が終わったら、ストレッチなどをして軽く身体を動かすようにしましょう。心身共にスッキリとして、薄毛対策には良いですし、気持ちよく目を覚ますことができると思います。

また、昼寝をするときは机に伏せたり、壁や椅子に寄りかかって寝ることをおススメします。横に寝転がってしまうと、どうしても眠りが深くなってしまうので、目が覚めにくくなってしまいます。

たとえ10分ぐらいの昼寝であったとしても、夜の睡眠の1時間ぐらいに相当するとされているので、薄毛対策として良い深い眠りにつなげるためにもぜひ一度試してみてください。

薄毛を予防するために役立つ食べ物は?調理法もポイント?

薄毛と睡眠の関係性は・・・とても深い!?

薄毛を改善して、髪の毛を太くするには基本である「睡眠」が重要です。そして、髪の毛に悪い影響を与えるような生活習慣は見直して、髪の毛の健康を取り戻しましょう。

薄毛の悩みを解消するためには、「睡眠不足」は厳禁です。人間は睡眠をとることで、日々の疲れを解消しようとするので、きちんと睡眠をとることで、体調を整えて体力を回復させるのです。髪の毛も身体の一部なので、睡眠不足になってしまうと髪の毛まできちんとエネルギーが行き渡らない状態になってしまいます。

髪の毛が1日で最も成長する時間帯というものがあり、それがです。その中でも特に22時から2時の間に最も髪の毛が成長すると言われています。

なぜこの時間帯に髪の毛が最も成長するかというと、副交感神経が最も活発化され、成長ホルモンが大量に分泌される時間帯だからです。ですから、薄毛を解消するためには、まずは22時から2時の間にしっかりと睡眠をとることが重要なのです。この時間帯に睡眠をとらないということは、髪の毛の成長を妨げてしまうということになります。

睡眠不足という生活習慣が薄毛の悩みにつながっていると考えて、十分な睡眠をとるようにしましょう。薄毛の悩みを抱えている人の多くは、生活習慣の乱れが薄毛の大きな原因となっていることをあまり理解していないのです。

このように、髪の毛の健康と生活習慣は密接に関係しているといわれています。髪の毛に悪い影響を与えるような生活習慣を改善することで、髪の毛の健康を取り戻すようにしましょう。

薄毛につながるフケの原因とは?フケを改善する方法は?

また、薄毛の悩みを解消するためにはストレスは厳禁で、薄毛に限らずストレスは全ての病気に対して原因になってしまっています。

ストレスは万病の元と言われているのですが、ストレスを感じずに生活をすることは、現代社会ではとても難しい状況です。薄毛の悩みを抱えている状態もストレスとなるわけですからね。

ストレスは薄毛の原因になるのですが、薄毛自体がストレスになるという悪循環に陥ってしまうので、とても厄介なのです。日々のストレスが薄毛や抜け毛の原因になり、その薄毛や抜け毛で悩んでいる状態が、さらに薄毛や抜け毛を招いてしまうのです。

一度薄毛などの悩みを抱えてしまうと、発毛に向かうのは困難になってしまうのです。このような場合は、早めに専門医に相談するなどして、悩みを解消するようにしましょう。

不眠は薄毛や抜け毛の原因になるってホント!?

まとめ

最後になりますが、薄毛を防ぐために昼寝はとても効果があるようです。昼寝をすることはなかなか難しいと思うのですが、たとえ10分でもその効果は夜の睡眠の1時間相当するようなので、ぜひ試してみてください。

また、薄毛と睡眠の関係はとても深く、薄毛を改善して髪の毛を太くするために睡眠不足は厳禁なので、昼寝をうまく取り入れたり生活習慣を見直して睡眠不足を解消して薄毛を予防しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ