若はげ予防には食べ物を見直すことが大事って本当?

2015-06-12a

あなたは若はげという言葉を知っていますか。
大体言葉から想像することできますが、若い年齢から髪が薄くなり、
場合によっては髪が抜け落ちてなくなってしまうのです。

この若はげは非常に悩ましい病気ですね。
しかしながら、髪の成長に必要な栄養素を含む食べ物を摂取することで、
予防することも可能なのです。

この食べ物での若はげ予防について、これからご説明していきます。

<Sponsored Link>

若はげの原因とは

2015-06-12b

若はげとは、若年性脱毛症のことを指す言葉です。
この若年性脱毛症は10代や20代の男性に多く見られる、立派な病気なのです。

このように男性に多いため、男性型脱毛症とも言われています。
AGAという単語に聞き覚えないでしょうか。
このAGAという単語は、男性型脱毛症のことを意味しているのです。

若はげの具体的な症状としては、症状名から分かるように、
何らかの原因で髪が抜け落ちてしまう、
また、髪の一本一本が痩せ細ってしまうことにより、
頭皮が全体的に薄くなってしまうのです。

これらは髪の成長を妨げられたことが原因で起こってしまいます。

その若はげの原因は数多くあるのです。
主な原因と言われているのが、男性ホルモンによる影響です。

若はげ自体、男性に発症することが多いので、
これを否定することはできないでしょう。

また、遺伝による影響もあります。
この遺伝に関しては、どの方法でも予防することはできませんよね。

この他にも、毎日のストレスや偏った食生活、
喫煙やアルコールの摂取などが若はげの原因となっています。

それに加えて、髪を染めたり、パーマをあてたりすると、
髪、頭皮にダメージを与えることになりますので、
若はげの原因の一つになってしまうのです。

若はげ予防には何を食べれば良いのか

それでは若はげを予防するのに効果的な食べ物は何なのでしょうか。
その一つとしては、頭皮の状態を
健康的に維持するための栄養素を含む食べ物です。

たとえ髪が増えたとしても、頭皮の状態が悪いと元の状態に戻ってしまいます。
このような悪循環が起きることは避ける必要があります。

そのためにはビタミンA、ビタミンB群亜鉛を含む食品を摂取すると良いでしょう。
ビタミンAはレバー類、モロヘイヤ、人参、ほうれん草などに多く含まれています。

ビタミンB群もレバー類に多く含まれています。
亜鉛は牡蠣に多く含まれていますが、
亜鉛の過剰摂取は体に悪いので、気をつけて下さいね。

また、新しい髪を作るため、成長を促すためにも
必要な栄養素を摂取する必要があります。

それは主にタンパク質です。
このタンパク質の中でも、大豆などの植物性タンパク質を含む食べ物がおすすめです。

動物性タンパク質は脂質も多く含んでいるので、
取り過ぎていると頭皮の状態が悪くなってしまうので、
できるだけ控えた方が良いでしょう。

おわりに

2015-06-12c

若はげ予防について、食べ物の面からご説明してきました。
若はげは遺伝だけではなく、さまざまな要因によって、発症してしまうのです。

だからこそ、若はげをしっかりと予防することで、
若はげを発症させずに済むことも可能なのです。

今回ご説明した食べ物の他にも、さまざまな予防法があります。
その中の一つには、市販の育毛剤を使うことです。

それに加えて、若はげ、男性型脱毛症(AGA)は病院での治療も可能です。
しかしながら、保険の適用外なので、
金銭的に負担がかかってしまうことに注意が必要です。

また、この若はげは女性にも見られる症状です。
ストレスなどによる女性ホルモンの乱れによって、発症すると言われています。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

その対策としては、女性ホルモンを健康的な状態にする
大豆イソフラボンなどを摂取すると良いでしょう。
手軽に摂取できるサプリがオススメです。

大豆イソフラボン サプリのお求めはこちら

男性、女性のどちらにも発症する若はげを軽く見ないで、
しっかりと予防対策を行い、悩みのない健康的な生活を送りましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ