腰痛を対処する食べ物とは?日常生活に潜む原因とは?

gikkuri

腰痛を対処したり、なりにくい身体を作るためには、筋肉を鍛えたりストレッチをしたりするだけはでなく、身体の内側から対処にも大切になってきます。

腰痛を対処したり予防する食べ物には具体的にどんなものがあるのでしょうか?

ここでは腰痛を対処・予防する食べ物、そして腰痛の日常生活に潜む原因について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

腰痛を対処・予防する食べ物や栄養素とは?

shutterstock_54831181

腰痛を対処・予防する食べ物について、栄養素や効果、具体的な食材を紹介していきます。

たんぱく質

たんぱく質は、身体の主な成分である筋肉や血液を作るために栄養素で、人の身体を作る上で欠かすことのできない栄養素です。

・牛、豚、鶏などの肉類
・納豆、豆腐などの大豆製品
・卵
・サバ、サケなどの魚介類

たんぱく質を含む食材は、脂質も摂りやすくなってしまうので、脂質が気になる方は、肉類は控えるようにして魚や大豆製品をたくさん摂るようにしましょう。

ビタミンB

ビタミンBは、血行を良くしてくれる栄養素で、血行不良を起こしている筋肉の細かい血管の血行を促進したり、内臓が原因の腰痛に効果的な栄養素です。

・玄米、麦ごはん
・豚肉、レバー
・納豆など豆類
・牛乳などの乳製品
・ほうれん草など葉菜類

ビタミンBは熱や水にとても弱く、野菜やお米は洗い過ぎるとビタミンBが水に溶けて流れてしまうので注意しましょう。また、光にも弱く、直射日光を避けるなどして保存するときも気を付けましょう。

ビタミンE

ビタミンEは、筋肉の疲労回復を促してくれる栄養素で、身体の酸化を防いでくれる栄養素です。

・アーモンドなどのナッツ類
・植物油
・うなぎ、たらこ
・かぼちゃ、アボカドなど

ビタミンEは他のビタミン類ととても相性が良く、緑黄色野菜を植物油で炒めるだけでも十分に摂取することができます。日常生活の中で摂り過ぎるということはまずないので、積極的に摂取するようにしましょう。

カルシウム

カルシウムは、骨や歯を作っている栄養素で、体の中のカルシウムの99%は骨と歯と言われるぐらい大切な栄養素です。
・牛乳などの乳製品
・海苔などの海藻類
・にぼしなど小魚
・納豆などの大豆製品

カルシウムは食材からだけで摂取するには吸収率が悪いので、日光に当たったり、身体を動かすことで初めてその効果を発揮してくれます。また、1日に吸収できるカルシウムの量には限度があるようで、カルシウムが骨になるまでには時間がかかってしまうのです。ですから、毎日きちんと摂取するようにして丈夫な骨を作っていきましょう。

酢酸

酢酸は、上で紹介したカルシウムの吸収を高めてくれる栄養素で、殺菌作用もあり、血行促進にも役に立つ栄養素です。

・お酢やお酢を使った料理
・酸っぱい食べ物など

お酢などの酸っぱい食べ物は利尿作用があるので、過剰に摂取してしまうと1日中トイレにが近いという状態になってしまうのです。ですから、1回の食事で大量に摂取することは控えましょう。

グルコサミンやコンドロイチン

グルコサミンは、骨と骨の間のクッションとなっている「軟骨」を生成するのに必要な栄養素で、関節に深く関係している栄養素です。コンドロイチンは、軟骨がすり減るのを抑制してくれる栄養素で、グルコサミンを含んでいる食材にコンドロイチンも一緒に含まれています。

・山芋などネバネバ系の食品
・牛、豚、鶏などの軟骨
・鶏皮、牛すじ、うなぎなど


参照:http://item.rakuten.co.jp/

グルコサミンやコンドロイチンは、
食材だけで1日の摂取量を摂るのはやはり難しいので、
最近ではサプリメントで補うことが主流になってきています。

グルコサミン&コンドロイチン サプリのお求めはこちら

腰痛はいったいなぜ起こるの?

SU4-14BlogImage

上半身を支えている背骨は、「椎骨」という24個の骨とその骨と骨の間のクッション代わりになている「椎間板」から成り立っています。この「椎間板」が何らかの原因でずれたりしてしまうと、背骨の中を通っている神経に当たり、刺激してしまう状態になり、これが腰痛しびれなどを引き起こしてしまうのです。

この他にも身体の歪みや変形、精神的な病気が原因でなる腰痛こともあります。

腰痛の対処に筋トレは逆効果?腰痛の原因は骨の歪みだけではなかった!

腰痛の原因はいろいろとある?

腰痛の原因である「椎間板」のずれには、いろいろな要因があります。例えば、年齢による筋力の低下や運動不足、姿勢や精神的、心理的な緊張など、また腰痛以外の他の病気が要因で起こることもあるのです。

咳やくしゃみによる急な腰痛の対処は?コルセットが効果的?

逆に腰痛が原因で引き起こる病気も多くあるので、たんに腰痛と思いそのまま放置していると、重症化して痛い目をみる恐れもあります。

もし、今現在慢性的な腰痛に悩まされているようであれば、マッサージや整骨院よりも整形外科医院に行くことをおススメします。

日常生活の中に潜む腰痛の主な原因とは?

ここでは日常生活の中に潜んでいる主な腰痛の原因について紹介します。腰に負担をかけている姿勢や運動不足、精神的ストレスが主な原因になることが多いようです。ここ最近はパソコンを使っての仕事がメインになってきているので、長時間のデスクワークは要注意です。

姿勢

長時間座りっぱなしや立ちっぱなし
不自然な姿勢をとり続ける など

肉体的ストレスや疲労

重たいものを運ぶ仕事
ジョギングなど有酸素運動をした時
慣れないヒールや底の高い靴を履いて歩いた時 など

精神的ストレス

仕事などによるストレスでイライラした状態が続く
緊張や不安感が続く
つらいことや悲しいことがあった など

環境の変化

布団や枕を変えた
体重がいきなり増えた
寒暖差の激しい場所に居た など

筋力の低下や運動不足

外出する機会がない
運動と言えば通勤ぐらい
身体を動かす趣味や習慣がない など

腰痛に効くストレッチ!椅子に座ったまま出来る、効果バッチリな3つの方法!

まとめ

最後になりますが、ここで紹介した腰痛の対処・予防に効果的な食材を積極的に毎日の食事に取り入れるようして、日常生活の中できちんと腰痛を対処・予防するようにしましょう。

また、腰痛の原因は日常生活の中にたくさん潜んでいるので、原因をきちんと理解したうえで予防しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

こちらの記事もよく読まれています

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ